今年買って良かった機材 その1

末ということで今年購入して良かった機材について


続いてはハード編


RME ADI-2 Pro FS です。



カッティングのインターフェースでDDコンバーターとして使用。


実際のDAはLAVRYを使用してますので、ほんとPCからのデジタルデータの変換目的です。


UFXからの乗り換えです。


年末に新しくしました。


デモで新しいUFX 2を聴いて、即購入を決めたのでづが、、コロナや半導体やら物流の問題で一向に

入手できる見込みがないので、計画変更しました。


音は解像度が別次元ですね。

世代が異なるので当たり前ですが、上から下までレンジが広い。


RMEなのでクロックは内部のステディクロックに変換されますが、クロックの世代がかなりちがうんだろうなと思いました。


レコードカッティングというアナログの出音が全てな世界ではクロックやコンバーターの音質はかなり影響ありますからね。


実際にはRMEの音は素直過ぎて面白くないので、DAコンバーターや外部クロックで音は調整しています。


アウトボード接続もして、そのコンバータにはなっているので音質の重要なポイントになっています。


製品としては長く使えるクオリティですし、信頼性や音質、サポート面などRMEは安心です。


正直、UFX2より音質のクオリティは上かなと思いました。


長く愛用したいと思います。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示