今年購入して良かった機材 その2

年末ということで今年購入して良かった機材について


続いてはソフト編


これはもう AVID Dolby Atmos Production Suite です。

個人的には2021年は Dolby Atmos 元年でした。


まだまだ手探りのところもありますが、非常に勉強した1年。

ここ最近の新しい技術革新だと思います。



Avid Dolby Atmos


スタジオのモニタースピーカー環境もこのために整えました。

(お金もかかります。)


Apple Musicが Dolby Atmos対応したのがかなりの型押しになりました。


音楽の表現の幅がかなり変わったと感じています。モノラルからステレオくらいの衝撃です。


まだまだ勉強中ですので、日々Apple Musicで他のエンジニアさんが手掛けた作品を聴いて勉強しています。


その中でコツも見えてきたという感じでしょうか。

是非、お仕事のご依頼をお待ちしています。


プラグインもいくつか増やしました。


やはり、リバーブとコンプの追加ですね。

特にリバーブは空間の上方への配置に必要に感じました。


Exponential Audio: Surround 3D Reverb Bundleで

PhoenixVerb Surround、R2 Surround、Stratus 3D、Symphony 3Dを足したり。







最新のFLUXのElixir Essentialも導入したりとかです。




特にマスターにピークリミッターとかの手法ではないのでレベル管理は今後の課題です。

音圧が必要な音源をどう表現すかとか


でもこれからの可能性を非常に感じます。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示