Wurlitzer メンテナンス終了

スタジオに常設している Wurlitzer もメンテナンス完了いたしました。

先日のローズに引き続きこちらも完璧です。


神田の宮地楽器のウーリーが閉店するので、駆け込みで神部さんに

みてもらいました。

鍵盤の2つほどが鳴りが気になっていたのですが、見事にバッチリに。

ローズは自分でもある程度はメンテできるのですが、ウーリーは預けたほうが早い。

一応、自分でも講習を受けて治せるのですが。

うちのスタジのは 200Aというノイズなどが改良されたバージョンです。

一般的なものです。


所謂ビンテージのエレクトリックピアノです。R&Bやソウルフルな曲へのマッチングは最高です。本物はホントに楽曲での存在感が違います。 その少しダーティーなサウンドは軽やかで丸いのですが、強く弾いた時の歪がほんと気持ち良い!

ウーリッツァーというとダニー・ハサウェイやカーペンターズなどが有名ですが

最近では髭男とかの楽曲でも聞けますね。

ローズとは違い、クローズボイシングで楽曲のミドルをキレイに埋めてくれます。

こちらにデモの動画を張ります。




ちなみに、こちらのエレピも基本的なチューニングやアクションはバッチリ調整済みの状態ですので

いつでもスタメンに可能!!

アルトフォニックスタジオでは楽器も豊富に用意していますので、楽曲制作にも幅広く対応していますよ。

アルトフォニックスタジオではレコードの制作やマスタリングは勿論、リーズナブルなプライスで、スタジオ録音も行っています。是非、サービスのページでご確認いただければと思います。

また、国内屈指のアナログレコード制作環境で1枚からレコード制作も行っています。是非ご検討ください。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示