top of page

20年振りのSuitcase Rhodesのアルバム発売

更新日:2023年10月13日


Suitcase Rhodesは1999年 ボーカル、高見優子と私、山根淳史の二人組のユニットとしてデビュ-。ファーストシングル 「日々の泡」はタワーレコードはじめ、当時の外資系レコードショップを中心に売り上げチャート1位を獲得、全くライブ活動などを行っていなく、いきなり現れた新星として、注目をあびる。

 その後、渋谷公会堂等のホールクラスのライブツアーを行う。フランス語歌詞のエキゾチックな楽曲のセカンドシングル 「異邦人」を1999年の続けてリリース、こちらも、レコードショップのチャートを独占、当時のアフター渋谷系の流れにのり、各社FM局、TV局などで頻繁にオンエアーされるようになり、京都α-STATION(FM京都)でレギュラー番組を2年ほどやっていました。

2000年 ファーストアルバム「pop music for pop people.」とセカンドアルバム2002年、セカンドアルバム 「carrefour」をリリース。英語、日本語、フランスを巧みに歌詞に盛り込み、ジャパニーズフレンチエレクトロの先駆け的アルバムとして高評価を得る。

ソフトシンセなどは一切使わないで、生の楽器とアナログシンセで楽曲は作成しています。 ピアノや弦も生を使っていますが、制作期間自体は作曲も含め1週間ほどしかなかったので

編集もそんなにしないで、勢いを大事にして、ミックスもアナログ卓でマスターレコーダーに落とすという潔さです。それをロンドンのアビーロードスタジオで丁寧にマスタリングとカッティングを行いました。

ただ今1,600円で発売中ですので

是非、聴いていただければと思います。


下記ディスクユニオンのサイトからお求めいただけます。 https://diskunion.net/jp/ct/detail/1008746924




閲覧数:131回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page