TONE FLAKE T-67マイクを導入しました。

機材のモディファイの正解では知らない人はいないであろうToneflake佐藤さんが
長年のメンテナンスの経験から、ノイマンU67をリビルドしたモデルです。





実は本物のNeumann U67 ビンテージを佐藤さんがメンテナンスしたものを長年、愛用していたのですが手放してしまい、代わりになるものを探していましたが、なかなか出会うことができなく。


現行の再生産ものは、やはり全然違うし。

あの数々のボーカル録音に使用したマイクが欲しく、佐藤さんに相談して今回のマイクが来ました。

ちなみにそのビンテージマイクではつんくさんの仕事や湘南乃風の若旦那さとのお仕事とかでも使用しました。


今回の T-67, ほんとビンテージ Neumann U-67の音がしています。

素直な音で万能タイプ、でも音の芯や音像をしっかり捉えています。


音の肝のダイアフラム(マイクの中心の振動する部分ね)は本物の U-67のものを使用。

テレフンケンの真空管、ビンテージのドイツパーツで構成。7ピンケーブルもGAC7特注品の豪華仕様となっています。60万円超えの価格です。そりゃ音は良いですよ!!


特に歌の大事な中域の厚みや高域の色気が抜群で、もう感動モノの音です。メインマイクの一つが増えました。


佐藤さんもかなり良い音がするよ!とお墨つきでした。


ちなみに、弊社スタジオではマイクプリにはビンテージの Neve 1073マイクプリも組み合わせ可能です。他にもブラウナー VM1やU47なども常設しています。


このマイクを使ったボーカル録音サービスも格安でやっています。

サービスページから確認してみてくださいね、破格ですよ。

閲覧数:645回0件のコメント

最新記事

すべて表示