UNITED STUDIO TECHNOLOGIES UT FET47 導入レビュー

UNITED STUDIO TECHNOLOGIES UT FET47 を導入しました。


見た目からも分かるようにNeumannの U47-Fetをかなり忠実にシミュレーションしたマイクです。


過去にビンテージのNeumannの U47-Fet は所有して良く使用していましたので

音の特徴はよく覚えています。


UT FET47はカスタムCinemagトランス、カスタムHeisermanデザインのHZシリーズカプセル、ビンテージポリスチレンコンデンサ、およびNOS(ニューオールドストック)FETを備えています。


つまりはサウンドの肝になるパーツには妥協なく追い込んでいて、なおかつ、お手頃な価格のマイクということで、かなり品薄なマイクです。


個人的には現行の再生産モデルを高い金額で買うなら、こちらで良いかなと思いました。


主に、アンプやキックとかの大音量の音源をクローズな距離で捉える場面で多く使用するからです。


ボーカルやチェロなどにもビンテージは使用していましたが、

そういう場面では今は同じ47タイプのカプセルを使用している

チューブモデルを使うかなと思いましたので、TUBEタイプと違う

音のマイクでバリエーションが欲しかったので。

また SM57ばりに現代のレコーディング・スタジオにおいても使用頻度が高いマイクなので、故障しても治せることもポイントです。


そのUTの方のサウンドをオリジナルと比べての印象は


レンジが広くなって現代のDAW環境にあうサウンド!


オリジナルよ中域の張りが柔らかい。オープンなイメージ。

そしてアタックも空気感も程よく捉えている。

十分47 fetの代わりになるサウンド!!


という印象です。ビンテージの低域にアタックが少し上の帯域にいった

イメージです。なめらかに感じる分、同時に立てるであろう、ダイナミックマイクとの混ざりは良さそうです。

現代の録音現場にあうようにアップデートされたモデルという印象。


さらにこの音質なら、このマイクにあう歌手さんのボーカル録音に使っても良いかなとは思いました。


オフ目だと他のマイクの選択肢も考えますが、クローズマイクな環境なら良いマイクだとと思います。


Altphonic Studioは最近、録音環境の整備に力をいれています。

かなり良い環境で録音できて抜群のコスパで東京都内で録音できますよ。

なんといっても、エンジニア、スタジオ込で8時間、2万5千円からで可能です。さらに録音後は国内屈指のアナログレコード制作環境で1枚からレコードが作れます。是非ご検討ください。

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示